ということがありますが

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。法律上では、既婚者が配偶者以外の異性と故意に肉体関係を持つことを不倫といいます。

すなわち、法律の上では、性関係になければ、食事や遊びに行ったとしても、不倫ではないのです。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚の必要性については考えるべきでしょう。

特にお子さんがいらっしゃる場合、旦那、妻の浮気が発覚したからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。

養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともありますから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。

男手一つで育てる場合にもまた同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。

どうしても探偵を雇うと料金が高いので、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。

テレビドラマだと尾行は大変そうに見えませんが、現実とフィクションは違うもので、変に思われず相手を見張り続けるというのは想像以上に難しいはずです。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

あったことをなかったことにさせないためには、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。

探偵が気づかれないようにしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、パートナーに気づかれてしまって、証拠を残さないようにし始めたりして、証拠が揃わないこともあります。
セフレの作り方

探偵が浮気調査をする場合、確実に証拠が手に入るわけではないのです。

成功報酬にするのかどうかについても、依頼をする時にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。