こちらが浮気や不倫をして復縁を求めた場合

探偵を頼むにはお金が掛かりますから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。

簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実践してみればそうはいかないもので相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは想像以上に難しいはずです。

相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。

相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。

探偵が浮気調査を行う時でも失敗する場合があるでしょう。探偵は浮気調査をよくやっていても、思わぬミスをすることがごく稀にあります。

パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。

また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には尻尾を掴みようがないです。

浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。

その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、浮気が疑惑ではなく確実なものになったからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。

男手一つで育てる場合にもまた同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。

離婚も辞さないつもりで、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

その場合でも、自分だけで乗り込むというのは喧嘩になりやすいので、できるだけ避けましょう。

信頼している人を連れて行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

あなたが信頼できる方がいない場合、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。
小遣い稼ぎ

食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには飲食時の人の数が記載されている可能性があるので、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。

かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細はしっかり月ごとに見るようにします。

仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、同伴者がいたと見られることがあるのです。